投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


富田さま

 投稿者:  投稿日:2009年 7月 3日(金)10時47分52秒
返信・引用
  お待たせいたしました!盆踊り情報をアップしましたのでどうぞご覧下さい。  

お礼のメール

 投稿者:石倉メール  投稿日:2009年 6月29日(月)08時50分13秒
返信・引用
  フロリダ州オーランドの石倉です。
宗家小林正道氏と百合さんにお礼のメールをしたのですが、届いていないようで困っています。
もし可能であればアドレスを教えて欲しいのですが...。
よろしくお願いします。
 
    (べ) 石倉さま
先日はお立ち寄り頂いて、楽しい時間をありがとうございました。
石倉さん、田中誠一さん、フロリダ府州太鼓の麻衣子ちゃん、ロサンゼルス祭太鼓
の岩田さんと、立て続けにお客さまがいらして事務所がいつにも増して賑やかでした。
メール、ちゃんと届いています。先週土・日と仕事で動いていましたので、
お返事遅くなってすみませんでした。
また日本にお帰りの際は、いつでもお寄り下さい!
 

夏の予定

 投稿者:富田  投稿日:2009年 6月22日(月)00時54分16秒
返信・引用
  夏の盆踊りはもう予定が決まっていますでしょうか?  
    (べ) 富田様、こんにちは。
そろそろ日程が出揃ってきたので、アップします。少々お待ち下さい。
築地本願寺納涼盆踊りは毎年動員人数が増えていて、4日間で○万人とか。去年は一日めが大雨だったので今年は天気が良いといいですね。
 

和光

 投稿者:ねここメール  投稿日:2009年 6月11日(木)22時52分35秒
返信・引用
  はじめまして。和光見ました。
すごいすごいすごいすごいと言い続けてたら友達からひんしゅく買いながら、でもほんとうに感動しました。かっこよかったです。手が長いです。どうしたらあんなに打てるんですか?音は全部1こずつ聞こえますか?
サンフランスコから来た人たちもすごかったです。でも助六太鼓が一番最高でした。
また見たいです。どこであるか教えて下さい。
 
    (べ) ねここさん、こんにちは。
感想書き込みありがとうございます。ねここさんも太鼓をやってらっしゃるんですか?
太鼓は不思議な楽器ですね。打てば打つほどはまります。
人前で演奏することがプレイヤーにとって一番の刺激だと思います。

これから夏本番に向かって、盆太鼓と組太鼓演奏や、7月25日の渋谷でのライブなど
大江戸助六太鼓のお目見えの機会も増えて行きます。ぜひ、演奏予定のコーナーをチェック
して、見にいらして下さい。「メルマガ希望」は、mail@oedosukerokutaiko.comまでどうぞ!
 

和光太鼓さんおめでとうございました!

 投稿者:みずほ ざこ  投稿日:2009年 6月 9日(火)22時34分25秒
返信・引用
  おとといの日曜日、和光市民文化センターサンアゼリアにて、和太鼓会和光太鼓35周年記念公演が盛大に行われました。
二部の冒頭、サンフランシスコ太鼓道場の田中誠一氏率いる8名の強者達が、アメリカの太鼓のエネルギーを余す所なく伝えていました。昨年の同道場40周年公演で大江戸がサンフランシスコ(SF)にお邪魔して以来、半年ぶりの再会に、がっちりと握手&ハグ。和光太鼓代表の田中泰秀さんも昨年SFに見にいらしていて、今回は所違えど、熱さは同じ!!何だか嬉しくなってしまいました。
アンコールでいきなり始まったSF太鼓道場の十八番『津波』が聞こえて来ると、宗家の「よし行こう!」の一声で大江戸メンバーも舞台へ。アメリカで叶わなかった夢の共演!!が実現しました。すごかった~

和光太鼓のみなさん、35周年おめでとうございました!!!!
同じ助六の血を引くグループとして、また遊びに行かせて下さい&遊びにいらして下さい!
 

HPアドレスの変更について

 投稿者:乾武神流川太鼓  投稿日:2009年 6月 5日(金)23時42分16秒
返信・引用
   ご無沙汰をしております。埼玉県の乾武神流川太鼓です。
 このたび、ホームページをリニューアルしましたので、アドレスが変更になりました。
お手数ではありますが、リンク集にある当会のリンク先HPアドレスの書き換えをお願いいたします。
 また、機会がありましたらワークショップなどでお世話になりたいと思ってます。

http://kenmu.web.fc2.com

 
    (べ) 乾武神流川太鼓のみなさん
お元気ですか?
アドレス、変更しておきます。ご連絡ありがとうございました。
また遊びにいらして下さい。
 

本願寺はなまつり

 投稿者:m24メール  投稿日:2009年 4月 8日(水)19時32分42秒
返信・引用
  築地本願寺はなまつりでの演奏ですが、ポスターには10時30からの演奏予定が記載されていませんが、演奏はあるのでしょうか?  
    (べ) こんにちは。
オープニングで、10:30から20分ほど演奏することになっています。
二回めはアトラクションとして、13:00から15分位です。ぜひいらして下さい。
天気が良いといいですね!
 

トゥールーズ公演拝見しました(まだ興奮中)

 投稿者:FRANCE68メール  投稿日:2009年 1月28日(水)09時47分34秒
返信・引用
  本日フランストゥールーズの公演を拝見致しました。素晴らしかったです。
皆スタンディングオベーションしたかったけれど、椅子が深すぎてさっと立ち上がれずタイミングを逃したという感じでした。

力強くたたきながらも軽やかにとんでいるし、いくら長くなってもリズムがくずれないし、バラエティーに富んでいるし・・・。
溜息が出ました。
(隣に座っていたフランス人の女の子は目がハートになっていました。誰にかは・・聞きそこねました。スミマセン)

トゥールーズの日本人の間でも「和太鼓ってやってみたいね」という話になりますが、人前で少しでも叩けるようになるまで毎日練習しても40年以上はかかるんではないかという気がしました・・・。

また来てください!
 
    (べ) FRANCE68さん、こんにちは!コンサート当日のホットな感想メールを、ありがとうございました。
ツアーメンバーは、今回のフランスツアー10回の公演日程を全て終えて、先日元気に帰国しました。フランス中心に20年来ヨーロッパで公演活動を行っていますが、最近は、「○年前に見たけど、今回さらに素晴しかった!」と言って下さるリピーターの方もいらして、本当に嬉しいです。
和太鼓がこのところヨーロッパのメディアでも取り上げられて、各地にチームが生まれて来たりとブームになっていますが、ブームで終わらず、長くこの文化を愛して下さる方が増えるといいな~と思っております。

フランスには毎年行っていますので、またホームページを覗いてみて下さい!
またどこかでお目にかかれますよう!
 

門下生おさらい会

 投稿者:ひぐ  投稿日:2008年12月27日(土)10時44分8秒
返信・引用
  23日の星陵会館での発表会を見ました。
途中で帰るつもりでしたが、いつのまにか最後までいました。素晴らしかったです。
生徒さんたちは色んなクラスがあってそれぞれ楽しめました。プロの演奏はこれまで見ていた和太鼓の印象を変えてしまうほどものすごかったです。しなやかで強い女性と、力強い音と超次元のリズムを奏でる男性、味のある代表の太鼓、ため息と涙が出ました。素晴らしかったです。
これからもご活躍ください。また見に行きたいです。
ありがとうございました。
 
    (べ) ひぐさん
おさらい会にお越しくださってありがとうございました。
今年は新しい会場での実施で、運営する門下生も大変なことが多かったのですが
見に来てくださった方からの声がいただけると本当に励みになります。
おさらい会は毎年同じ時期にやっていますので、ぜひまたいらしてください。
また、大江戸助六太鼓のコンサートにも足をお運び頂けると嬉しいです。
もう大晦日ですね、どうぞよい年を!
 

San Franciscoゲスト出演

 投稿者:Yukiメール  投稿日:2008年11月26日(水)11時49分19秒
返信・引用
  以前ワークショップに参加させていただいた由紀です!

サンフランシスコ太鼓道場40周年コンサートでの演奏を見ました。
土日両方見ましたが、日曜日の春雷~白梅~祭には本当に感動しました。周りのお客さんたちも、That was awesome!!!(素晴らしかった!)などといいながら興奮状態でしたし、私はひとりで行っていたので、周りの知らない人に「そうでしょう~そうでしょう~~そうでしょう~~~~!」と言いまくりたかった。

私自身も、ワークショップで演奏を見る機会があったのとビデオでみたことがあるだけで、コンサートとして見せていただいたのは初めてだったので、今でも日曜日のあの3曲を思うと興奮冷めやらず。また是非見たいです…。今度は家族も連れて、グループのメンバーも連れてみんなとこの興奮をシェアしたいです。

コンサート全体としても、太鼓三昧の土日合計8時間以上、あっという間に終わった、いいコンサートでした…。

戻ってきてからも、あ~~~ずっと太鼓とともに過ごしたい、と仕事がまったく手につきません(笑)。

素晴らしい演奏を、ありがとうございました。
 
    (べ) 由紀さん、
貴重でホットな書き込みをありがとうございました。

サンフランシスコは、助六流が1968年に初めてアメリカに伝播した、その大元で
ある田中誠一さんの本拠地、大江戸助六太鼓にとっても歴史的なイベントだったと
感じています。メンバーも、すごく熱気があって、会場とプレイヤーが一体となっ
たコンサートだったと言っていました。

DVDなどを見ても飛び出してきそうなくらいエネルギッシュなのがアメリカの太鼓
の印象です。助六流の古典である「春雷・白梅・祭」がかの土地の人々に熱烈に
受け入れられた瞬間を私も見たかったなあ…
今回は助六流創始者の4人のうち3人がゲストとして出演していましたし、元大江
戸助六太鼓プレイヤー、ケニー遠藤氏も共演していたり、もう一人のゲスト喜多郎
さんとも東京湾イベント以来の久々の再会だったり、80年代のアメリカの教え子と
の再会もあったりと、宗家にとっても懐かしく心躍る会だったようです。

由紀さんが、地元のチームをしっかりと支えて引っ張っていっていること、大変だ
と思いますが、いつもエールを送っていますよ。先日東京の事務所に寄られた先生
も褒めていました。
またワークショップやアメリカで会えることを楽しみにしています。
 

/12