投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 過去問

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2017年10月30日(月)13時40分46秒
返信・引用
  遊び好きの浪人さんへのお返事です。

といふわけで、地理に限れば、それほど無駄ではありません。時間があれば、ですが、やればよろしい。
 

Re: 過去問

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2017年10月24日(火)13時04分17秒
返信・引用
  > No.2495[元記事へ]

遊び好きの浪人さんへのお返事です。

> K出版の過去問レビューを解くなかで、「「地理A」も手がけたら、塾の先生から
> 無駄!と一言。やはり無駄なのでしょうか?活用法はありませんか?


遊び好きの浪人さんは,ひょっとして,地理ばっかりやって,他の科目がおろそかになりがちなんじゃありませんかねぇ(違ってたらごめん)。塾の先生は,遊び好きの浪人さんに,すべての科目で高得点をとってもらいたいので,そのようにおっしゃって,暗に,地理ばっかりやらんように!とアドバイスされたのでありましょう。
 

過去問

 投稿者:遊び好きの浪人  投稿日:2017年10月24日(火)07時33分7秒
返信・引用
  K出版の過去問レビューを解くなかで、「「地理A」も手がけたら、塾の先生から
無駄!と一言。やはり無駄なのでしょうか?活用法はありませんか?
 

Re: ラングドックとドックランズ

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2017年 9月22日(金)20時03分8秒
返信・引用
  と書いた私も、ありゃま、ミスった。

修理畳→修理場
 

ラングドックとドックランズ

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2017年 9月22日(金)19時58分34秒
返信・引用
  遊び好きの浪人さん、ケアレスミスに注意しませう。

ラングドックは、ラング・ド・オック、英語で言えば、ランゲィジ オブ オック。
洗練された都会語のパリ語、すなわち正調フランス語じゃなくて、オック語といふ田舎っくさい言葉を使ってる地方、っていうよーな意味に由来する地名らしいです。

ドックランズのドックは、人間ドックのドック。テムズ河畔の船の修理畳などがある港湾地区の地名。
 

(無題)

 投稿者:遊び好きの浪人  投稿日:2017年 9月22日(金)17時18分44秒
返信・引用
   すみません、ラングドックとドックランズを見間違えておりました。  

(無題)

 投稿者:遊び好きの浪人  投稿日:2017年 9月22日(金)09時33分29秒
返信・引用
  お忙しい中、有り難うございました。先生の過去のものを読んでいたら、あちこち繋がりついついはまってしまい、時間がどんどん過ぎていきます。
 学校にある古い冊子でセンター過去問を解いていたら、2000年追試の第1問 問7で都市再開発の問題があり、事例としてラ・デファンスが正解となっておりますが、選択肢にラングドックもあり、こちらでも良いのでは?と思ってしまいました。なぜ、だめなのでしょうか?
 

Re: 大陸別海岸線

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2017年 9月20日(水)20時21分54秒
返信・引用
  > No.2489[元記事へ]

遊び好きの浪人さん,お返事が遅くなり,申し訳ございません。

ベネッセ様もいろいろ工夫して出題なされますねぇ。頭が下がります。

で,ヨーロッパとアジアの境目の件ですが,これは自然地理の区分なので,ウラル山脈-カスピ海-カフカス山脈-黒海-ボスポラス海峡の線でもって,分けていると考えるのが妥当でしょう。データブックの同じページにある「大陸の高度別面積割合」でも,アジアとヨーロッパを,そのように分けています。

人口とか農産物の生産量などは国単位の統計しかないので,シベリアもヨーロッパに含ませますが,自然地理の統計では,シベリアはアジアに含ませます。

しかし,ロシアをどーするか,とか考えなくちゃいけないとは,ややこしいですね。

海からの最大距離というときは,大陸とか島とかのかたまりで考えたほうがいいから,アジアとヨーロッパを分けるのはけしくりからん。

ユーラシア大陸とするべきでしょう。ユーラシア大陸の値はアジアと同じ値になるはずですから,ヨーロッパをはずすだけでいい。データブックp9の「大陸別の気候区に割合」は,アジアとヨーロッパを分けずに,ユーラシアとしています。

なお,各大陸や島における海からの最大距離の地点を「到達不能極」と呼びます。不能ではなく,海から到達するのが困難な地点というほうがいいかもしれませんが。

で,Wikiの「到達不能極」の説明に海からの距離の等値線図がありますので,お時間ありましたら,遊びのついでに,見たらいいでしょう。あまり深入りして遊ぶと受験に差し障りますので,適度に遊んでください。

遊びがすぎないように,そこに掲載されている地図をパクって貼っておきます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%B0%E9%81%94%E4%B8%8D%E8%83%BD%E6%A5%B5
 

大陸別海岸線

 投稿者:遊び好きの浪人  投稿日:2017年 9月19日(火)10時35分16秒
返信・引用
   ベネッセ様の模試にデータブック4pの表がそのまま出され、
アフリカのものを選べとなっていました。海からの最大距離のなかで
最小なのがヨーロッパだと思ったら、オーストラリアになっていました。
ヨーロッパの中にロシアが含まれるから、オーストラリアより数値が
大きくなるのでしょうか?
 

Re: 『ジオゴロ地理』についての質問

 投稿者:soft ballet  投稿日:2017年 5月24日(水)18時11分55秒
返信・引用
  さ~らまんさんへのお返事です。

> soft balletさんへのお返事です。
>
> soft balletさん、こんにちは。
>
>
> > 私は『ジオゴロ地理』の「2004年4月(第4刷発行)」と「2015年8月(四訂版 第1刷発行)」の2冊を持っています。
> >
> > そこで質問ですが、8ページ目の「面積の広い国6つ」の覚え方で
> > 前者は「ひ『ろ』い太平洋に、『ろ』の字をかけば、ひ『ろ』い国」と記載されており、
> > 「中国(25倍の960万km^2)のほうがアメリカ合衆国(25倍の936万km^2)より広い」と説明されていますが、
> > 後者は「3ちゃんが 3円ひろって ひろい国」と記載されてあり、
> > 「アメリカ合衆国(25倍の963万km^2)のほうが中国(25倍の960万km^2)よりひろい」と説明されています。
> >
> > アメリカ合衆国はいつごろ領土を拡大したのですか?
>
>
> おこたえ
>
> 領土が拡大したのではなく、アメリカ合衆国の発表する面積が変わったためです。そして,936万から963への変化は,五大湖のアメリカ分の面積と海岸の水域面積を加えたための増加のようです。
>
> 海岸の水域面積というのがよくわかりませんが,湾入部などの面積でしょう。最近,アメリカ合衆国が発表した数字はさらに大きく,983万ですが,これは領海を全部入れた数字のらしいです。それはあんまりですから,いろんな統計集では,963万を採用しています。
>
> ジオゴロは生もので,統計の数字が変化するのは普通のことですが,領土の拡大がないのに面積が増えるってのは,なんじゃい?ですね,困りますね。

なるほど、そういうことですか。
ご回答ありがとうございました。
 

/126