投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 人口当たりの病床数

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2017年 1月18日(水)10時07分9秒
返信・引用 編集済
  Rising Sun さん、ありがとうございました。

> 「人口1万人当たりの病床数は、その国の所得水準や経済水準に関係ある」とは言い切れないので、世界国勢図会の最新版からは消えてしまったのかも?ですね。

ありゃま、消えてましたか。


> 統計は奥が深いですね。

「地図は嘘つきである」といふ本がありましたが、統計も嘘をつく。「統計はときどき嘘をつく」といふ本を書いてください。ん? その手の本、やまほどありますね。その手の本のなかには、嘘と決めつけて、別の嘘で、嘘の上塗りをしてるものもありますが。
 

Re: 人口当たりの病床数

 投稿者:Rising Sun  投稿日:2017年 1月16日(月)21時46分33秒
返信・引用
  さ~らまんさん、ご回答ありがとうございました。

やはり難問ですよね!
でも、週末医療のあり方は関係ありそうですね。
アメリカ合衆国はナーシングホームなんですね。

「人口1万人当たりの病床数は、その国の所得水準や経済水準に関係ある」とは言い切れないので、世界国勢図会の最新版からは消えてしまったのかも?ですね。

いろいろ調べて頂いてありがとうございました。
統計は奥が深いですね。

 

Re: メコンデルタでの稲作について

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2017年 1月14日(土)11時04分54秒
返信・引用
  地理女さんへのお返事です。

> さ~らまんさんありがとうございます。
> 情報が少なくて何とも言えないのですが、浮き稲の生育スピードよりも降水量が多いため、浮き稲が生育できないということだと思われます。
> 写真とかがあればいいんですけどね…

地理女さま、そうでしょうね、ん? でも、降水量が多い、というより、増水のスピードが早い、あるいは、増水量が多く超深水になる、ってほうがいいかな。

写真はまずないでしょうね、作れないってことは、作らないんだから。
でも、普通の年は作れるが、洪水甚だしき年は、浮き稲の穂になるところまで冠水しちゃったために、生育できず無収穫、ということはあるでしょうね、そういう写真ならあるやもしれませんね。
 

Re: メコンデルタでの稲作について

 投稿者:地理女メール  投稿日:2017年 1月13日(金)09時12分46秒
返信・引用
  さ~らまんさんありがとうございます。
情報が少なくて何とも言えないのですが、浮き稲の生育スピードよりも降水量が多いため、浮き稲が生育できないということだと思われます。
写真とかがあればいいんですけどね…

> 地理女さんへのお返事です。
>
> > 質問です。
> > メコンデルタでの稲作についてですが、一部で低湿なために浮稲ができない深水地域がある、ということの理由を教えてください。
>
>
> うーむ。浮稲は深水地域の田で作られるのですが、浮稲すらできない深水田があるのですか? そういうところでは、水が引いた乾季に作付するのでしょう。そういう深水田なら乾季にも水が得られるでしょう。
>
> 理由になるかわかりませんが、雨季に水が深くなる過ぎるところも乾季には水が引くから、そういふところに頑張って田んぼをつくったからでしょう。
 

Re: 人口当たりの病床数

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2017年 1月12日(木)14時53分39秒
返信・引用
  > No.2478[元記事へ]

Rising Sunさん,またまた難問。


> 「人口1万人当たりの病床数は、その国の所得水準や経済水準にある程度比例する」と考えていたのですが、資料をみたらそうでもないみたいですね。
>
> 2015/2016年の世界国勢図会p447や下のサイトを見ると、日本が137に対し、アメリカ合衆国が29、カナダが27と異常に低いのはどうしてでしょうか?
> ちなみに、イギリスも29、スウェーデンも27と低いです。


ほんとうですね。


> これは、入院を長引かせる傾向があるから日本は世界1位、退院させて社会復帰を促す傾向がある国では病床数が少ないのでしょうか?

などと言われていますね。介護の必要な高齢者や病人、術後の患者などを、病院に入院させるか退院させるかは、悩ましいところで、国により事情が異なるでしょう。

おこたえになるかわかりませんが、日本は終末医療,終末介護の大部分を病院が担っているのため、病床数が多く、アメリカ合衆国は、その多くを病院とは別のナーシングホームが担っており、ナーシングホームは病院ではないので、そこのベッドは病床数に数えない、ということを書いてあるところをみつけました。他の国については調べておりませんが、病院が担う仕事が、国により異なるためではないか?という気がします。
http://www008.upp.so-net.ne.jp/isei/htmls/t9.html


世界の高齢者介護事情、病院、病院以外の施設、在宅など、いろいろですね。世界の介護事情を紹介したサイト、数多ありますね。次のはどこが運営しているのか、誰が書いているのか、わからないあやしいサイトですが、いろんな国について書いてあり、勉強になりました。
http://sekai-kaigo.com/
 

人口当たりの病床数

 投稿者:Rising Sun  投稿日:2017年 1月 6日(金)12時44分39秒
返信・引用
  さ~らまんさん、あけましておめでとうございます!
昨年も大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

遅くなってしまいましたが、パルプ材の件ありがとうございました。
世界的にも広葉樹が多くなっていたんですね。驚きました!

またまた質問があります。
「人口1万人当たりの病床数は、その国の所得水準や経済水準にある程度比例する」と考えていたのですが、資料をみたらそうでもないみたいですね。

2015/2016年の世界国勢図会p447や下のサイトを見ると、日本が137に対し、アメリカ合衆国が29、カナダが27と異常に低いのはどうしてでしょうか?

http://top10.sakura.ne.jp/WHO-WHS6-102.html

「先進国の中では齢化がそれほど進展していないため」や、アメリカ合衆国だけなら国民皆保険制度が今まではなかったためなどと説明できそうですが、それにしても低いですよね。

ちなみに、イギリスも29、スウェーデンも27と低いです。

これは、入院を長引かせる傾向があるから日本は世界1位、退院させて社会復帰を促す傾向がある国では病床数が少ないのでしょうか?

新年そうそう難しい質問ですみません。わかる範囲でお答えして頂いたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
 

Re: 浮き稲

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2017年 1月 1日(日)23時32分58秒
返信・引用
  > No.2476[元記事へ]

同業他者さんへのお返事です。

>  浮き稲の植え付けは、乾季で地面が露出している(直播き)か日本のように水田水位が低いときに植え付けるのでしょうか? あとは、水位の上昇に比例して茎がグイグイ延びる優れものだが、収穫量が低いのが難点だけと他に方法がないからしかたなく植えているのでしょうか?

いろんな方法があるでしょうが,直播が多かったのではないでしょうか。散らし播きし,芽が出てしばらくしたら耕して列状にする,というやり方。


他に方法がないからじゃないですか。灌漑整備により乾季作ができるようになるに従い,作付面積が減っているのですから。減っているのは,浮稲なんか作るのは恥ずかしい,という,進歩主義的思想で洗脳された結果でもあるでしょうが。
 

浮き稲

 投稿者:同業他者  投稿日:2016年12月26日(月)07時56分45秒
返信・引用
   浮き稲の植え付けは、乾季で地面が露出している(直播き)か日本のように水田水位が低いときに植え付けるのでしょうか? あとは、水位の上昇に比例して茎がグイグイ延びる優れものだが、収穫量が低いのが難点だけと他に方法がないからしかたなく植えているのでしょうか?  

Re: Re2: パルプ材の輸入先

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2016年12月20日(火)20時53分28秒
返信・引用
  > No.2472[元記事へ]

Rising Sunさんへのお返事です。

> 針葉樹は別に関係なかったんですね。世界的にも針葉樹よりは広葉樹からのほうが多いのかな~?

関係なかったことはなく,関係なくなってきた,ってことでしょうね。

FAOSTATで調べたら,パルプ材の生産量で,広葉樹が針葉樹を抜いてました。

下図で,青が針葉樹,赤が広葉樹。
 

Re: メコンデルタでの稲作について

 投稿者:さ~らまん  投稿日:2016年12月20日(火)20時10分22秒
返信・引用 編集済
  地理女さんへのお返事です。

> 質問です。
> メコンデルタでの稲作についてですが、一部で低湿なために浮稲ができない深水地域がある、ということの理由を教えてください。


うーむ。浮稲は深水地域の田で作られるのですが、浮稲すらできない深水田があるのですか? そういうところでは、水が引いた乾季に作付するのでしょう。そういう深水田なら乾季にも水が得られるでしょう。

理由になるかわかりませんが、雨季に水が深くなる過ぎるところも乾季には水が引くから、そういふところに頑張って田んぼをつくったからでしょう。
 

/125