teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


命かけて土地買った?

 投稿者:Setsuo  投稿日:2017年 2月17日(金)15時59分32秒
  さくらさんの熱海の梅は満開、
今日の天気はバカ陽気で風は春一番だとか、いよいよ春がやって来ます。
私の専業主夫業も、そろそろ「専業」が外れてただの主夫になりそうです。
春といえば卒業式の歌、「あおげばとおとし」を子供の頃、あおいだらまだ涼しいのに。ふるさとの歌「うさぎおいし」をウサギなんてちっとも美味しくないのに。と思っていたなあ。
そんな話を独語クラスのお姉さんたちと話していたら、一人が、
「あの愛をもう一度」っていう歌の出だし「命かけてと誓った日」を「命かけて土地買った日」だとばかり思っていたと、言っていました。
うーん、バブルはじけたら、たしかに命がけの土地買いでした。

 
 

熱海の梅は。

 投稿者:さくら  投稿日:2017年 2月14日(火)20時13分19秒
  熱海の梅は、満開です。

MOA美術館に、中学の美術の教科書にもあった
「尾形光琳の紅白梅図屏風」も展示され、のんびり見ました。
  (この2月にリニューアルされたという美術館は、とてもよいところでした。
   と、先日発売された、文芸春秋3月号に載ったものですから、
   思わず寄りました。良かった~。)

広々の温泉に入って、手足をのばしてリフレッシュ、明日から仕事です。



 

専業主夫

 投稿者:Setsuo  投稿日:2017年 1月28日(土)10時08分34秒
  案ずるよりも生むが易し。
たしかに、ものは考えよう。掃除、洗濯、炊事、・・・やってみればなんちゅうことなし。
仕事と仕事の合間に、テレビの時間は増えました。

昨日の診断で妻の視力は0.4に戻ってきました。0.7以上に向けて順調に回復中。
今日から安静も解けて、そろそろ私の「専業」も外れそうです。
安静期間が長かったので逆に体力低下が心配で、
さっそく朝の散歩に連れ出したら、
なんのことはないサッサと歩いて私より早い。
どうなってるんでしょうねえ。
 

主夫

 投稿者:九州の田舎もん  投稿日:2017年 1月21日(土)21時53分20秒
  お疲れ様です、管理人さん

洗濯をするのは「洗濯機」、掃除をするのは「掃除機」、私はお手伝いだけ・・
洗濯板でこすっていたころ、箒ではいていたころ・・考えてみれば楽ちん楽ちん

ものは考えよう・・楽しみましょう!
 

主夫つづきます。

 投稿者:Setsuo  投稿日:2017年 1月21日(土)15時57分49秒
編集済
  カアチャンは退院したものの、しばらくは家で静養を要するとの診断。
主夫業が続きます。
まあ炊事は前から私の仕事だったのでどうってことはないようなものの、洗濯、掃除、その他諸々みんなせにゃならんと思うと、なんだかうっとうしいなあ。
お酒の減るのが早くなってきた。
 

Re:映画を見ました

 投稿者:Setsuo  投稿日:2017年 1月18日(水)20時37分35秒
  戦後、着の身着のままで台湾から日本に帰ってきた人たちのことについては、ぞうさんの詩人まどみちおの本で読んだことがあります。
お父さんが単身台湾に渡り、電設関係の仕事を軌道に乗せ、順次家族を呼び寄せたところで敗戦、手に持てるものしか持ち帰りが許されず、まさに命一つで家族は帰ってきます。
帰ってきてからが大変、親類縁者を頼るも、仕事はなく、いい顔はされず、肩身の狭い思いをしながら各地を転々。若いまどみちおは自分で切り開いてゆくことが出来たものの、お父さんは結局立ち直れなかったということでした。
 

映画を観ました。

 投稿者:さくら  投稿日:2017年 1月16日(月)22時08分6秒
  昨年暮れ、「湾生回家」(Wansei Back Home)という映画を見ました。

日清戦争の後、日本が統治した50年の間に、日本から移住した人たちが、
荒れ地を耕し拓き、現地に根付いていきますが、
第二次大戦敗戦により、ほとんどの人たちが、着の身着のまま日本に帰されました。

台湾で生まれた子供も親と共に日本に帰り、それぞれの地方で成長しましたが、
戦後70年が経った今、「自分の故郷は台湾」として、里帰りをするものです。
台湾の監督が、日本人が生まれ育った台湾の村を訪れる様子を丁寧に撮ったドキュメントです。

その帰郷の舞台の一つが、台湾東部にある「花蓮市吉野村」(旧称)というところなのですが、
なんとここは私の故郷、徳島県の吉野川流域の人たちが移住したのです。
「吉野神社」「吉野郵便局」等がつくられ、今もその名残をとどめているというのです。

土地のない日本から、海外に新天地を求めて移住した方々のご苦労はよく聞きますが、
おとなりの台湾に、徳島の人たちが行ったということに、新たな感慨を覚えました。

台湾は今、国際情勢あわただしいところですが、一度は行ってみたいと思うように
なりました。










 

気をつけなくちゃ

 投稿者:Setsuo  投稿日:2017年 1月16日(月)20時11分25秒
  入院中の妻に会いに行っての帰り道、渋滞にはまって、眠くて眠くて・・・・・。
ピピピの音にハッと目が覚めると前の車は走り出していました。
わが軽自動車にもこんな機能が搭載されているんですなあ。感心。
でも、居眠り運転と紙一重。寒心。
気をつけなくちゃ!


 

お気を付けください。

 投稿者:さくら  投稿日:2017年 1月 7日(土)21時44分32秒
  車の運転は、特に暗い夜道には、お気をつけください。

私は、(土)、(日)に運転しますが、近くのスーパー、
(土)テニスの往き、(テニス終わって、クラブハウスで一杯飲むので)帰りはカーちゃん、
など限定付きです。

今日は、今年はじめのテニスです。
老若(いや老々)男女10人集まって、年を越え無事に集えたことをみなで寿ぎながら、
楽しくプレーです。
もっとも私は、昨年末に孫と遊び転んだ後遺症で、手のひらを痛めたのが響いて、
早々に切り上げました。 トホホ・・・




 

病院通い

 投稿者:Setsuo  投稿日:2017年 1月 7日(土)21時07分40秒
  妻の入院先まで、車で1時間。洗濯物を取り入れてたたんで持ってゆくのですが、この時期乾きが遅く、どうしても家を出るのが3時頃、病院についたらもう4時で、はや陽は傾いています。
新基準でも高齢者の私は夜の運転が苦手なので、渡して受け取って早々に帰途に。

おかげさまで、妻は経過良好で来週末には退院できそうな見込み、期間限定のドライブは苦になりません。なんたって待ってる人はカアチャンだ。
 

レンタル掲示板
/195