teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:86/113 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ワークショップ

 投稿者:糸原昌史  投稿日:2007年 8月23日(木)16時08分24秒
  通報 返信・引用
  皆様お疲れ様でした。ワークショップの余韻を感じ、後遺症に悩まされ(?)、社会復帰ができない方は「火組一番手」さん以外にもいますか?(笑)
毎回のことですが、今回もワークショップは私にとって勉強になるものでした。稽古のスケジュールを全体的に変更したので、うまく運営できるか、どこまで伝えられるか、発表会はどうなるかなど心配事は尽きませんでした。実際、現場に入る前までは細かい進行状態の想像がつかず、ワークショップが始まり、皆さんを見ながら次の内容を決めていくという方法で進めていきました。
稽古で印象的だったのが4日目の午前中の合同稽古。全員での音出しが終わり、個人に注意をしに行ったら他の場所からも音が出て… 本来なら「私の話しを聞けぇ~」と言わなければならない所ですが、他の講師もいたので指導が始まったのかと思っていたら、あれよあれよと全員が太鼓を打ち始め自主練習(と言っていいのかどうか?)が始まり、私が止めるまで30分以上音が鳴りやみませんでした。このような場面は期間中何回もみられ、皆さん個人個人が最後まで気を抜かない(抜けない)ワークショップだったんだなと感じました。
これは、例年のクラス単位のチームワークを作っていくという方針から枠を外して良かった点のひとつだと思っています。そして、全体では、参加した全員が同じ手事を覚え同じ曲を同じ方法で演奏し発表したという事。皆さんの個人プレーが全体の発表会に繋がるということは、目標であり、それが達成できて大変嬉しく思います。
また、皆様にお会いできる日を楽しみにしています。それでは。
 
 
》記事一覧表示

新着順:86/113 《前のページ | 次のページ》
/113